GW2020関西・近畿で開いてる遊べるスポットはどこ?混在状況も調査!

この記事は3分で読めます

こんばんは。ちこです。



もう本当に毎日
コロナコロナコロナ、、、
コロナのニュースばっかり。
嫌ですね。



私は今年の2月に
第三子を出産したのですが、
妊娠中に盲腸になり
1ヶ月入院し、
そこから2ヶ月自宅安静。



どこにも行けず
家事も思うように出来ず
悶々とした日々を過ごしてました。



で。やっと出産し、
産後1ヶ月経って
長女もずっと休んでいた幼稚園
再開〜♪
お出かけも少しつづできるかな〜♪
なんて思ってたのに、、、



コロナのせいで
幼稚園も休園。
自粛自粛の日々がスタート。



ずっと家にいるって
本当にストレス溜まりますよね(T-T)



しかも最近ポカポカ暖かくて
天気もいいし
余計にお出かけしたくなる!!



不景気だから
旦那もいつもより
休み多いし。



どっか行きて〜。



とりあえず!
この自粛ムードの中
関西で開いてるスポットがあるのかどうか
気になったので調べてみました(^^)

スポンサードリンク



GW2020関西・近畿で開いてる
遊べるスポットはどこ?




関西といえば
USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)
ですよね〜。



ユニバももちろん今は休業中。
4月30日の時点では
5月中旬以降まで延期とのこと。



ひらパー(ひらかたパーク)
も休業中です。
再開も未定ですね、、、



食い倒れの街大阪も
ほとんど店は閉まってますよね。



通天閣も展望台は
臨時休業ってなってるし



イオンモールや
ROUND1とかも閉まってるから
買い物や遊ぶところ
どこも無理でしょうね〜



あとはきっとどこに行っても
駐車場が閉まってるので
行ったところで
全然楽しめず
後悔するんだろうなぁ。笑



そもそも他府県に行っちゃダメですしね。
家で子どもたちと喧嘩しながら
楽しい事探すしかないんですよね〜



最近娘三人に挟まれて寝顔を見てると
しみじみ考えて泣けてくるんですよね。



このコロナって
発症したら完治するまで
家族に会えないんですよね、、、



もし死んでしまたまたら
一生会うことが出来ないんですよね。



盲腸で1ヶ月入院した時、
上の子2人と初めて離れて
めちゃくちゃ心配で寂しくて辛くて
地獄の日々でした。



私が発症したら子どもたちは
誰が面倒見るんだろう、、、



子どもが発症したら
まだまだお母さんが居ないと泣ける5歳、2歳、
2ヶ月の娘たちは1人で入院して
闘病しないといけないなんて、、、
想像しただけで親としては泣けてきます。



私は1人目を産後3時間で
亡くしました。



十月十日のお腹の中と
生まれてからの3時間。
たったそれだけしか
一緒に入れなかったけど
今でも息子のことを想うと
涙が止まりません。



もう二度とあんな思いしたくない。
この子たちを守るための自粛なら
耐えられる!!


スポンサードリンク



混在状況も調査!



どこも閉まってるから
混在状況調べようがないですが、
日中はスーパーがめちゃくちゃ
混んでるんですよね、、、



我が家は24時間営業のスーパーへ
子どもを寝かしてからの
遅い時間に私だけサッと行ってサッと買って、
サッと帰ってくるようにしてます。



人が少ない時間帯に行ける人は
ぜひ時間をずらして
行くようにしてみましょう!



で、こんなに自粛を頑張ってるのに
孫を見に来ようとする両親、、、



いやいやいや。
なぜ自分は感染してないと
思い込めるの??
もし感染してたら
孫を危険に晒すことになるんだよ!



私自身ももしかしたら
保菌者かもしれないから
60過ぎてる両親に会うのは
リスクが高すぎて嫌です。



この前、父に
「コロナ気をつけてね!」と
LINEしたら
「感染したら、それは運命なので
そうなったら受け止めます。」
と返ってきました。



いやいやいや。
父が感染する事で
同居してる長男家族にも移るし
長男の奥さんにも移ったら
看護師なので大変なことになります。



そこまで考えて発言してるのかどうか問いたい。



この前も近くの公園で
老人会の人達が
呑気に大勢でゲートボールを
してました、、、



自分は先短いからもういいや。とか。



いやいやいや。
あなただけで完結する問題じゃないからね!!



自粛していない方がいたら
頼むから自粛してほしい。



守るものがなくても
悲しむ人がいなくても
先が短くても
あなたが自粛してくれたら
小さな命が助かるんですよ!



GW遊びまくりたいですが
今年だけは!今年こそは!
家でダラダラしましょうね(^^)



最後までお読みいただき
ありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー